信州善光寺(長野県長野市) 御開帳スケジュール

信州善光寺 御開帳スケジュール


信州善光寺 - 御開帳スケジュール : 平成27年4月5日(日)〜5月31日(日)

3月29日(日)回向柱受入式
4月4日(日)前立本尊御遷座式御開帳中、本堂の前に立つ回向柱は、長野市内の松代町から毎回寄進されています。これは現本堂再建の折、徳川幕府の命令により松代藩が普請奉行を務めた縁によるものです。
4月5日(日)開闢大法要
4月25日(土)中日庭儀大法要(天台宗)
5月9日(土)中日庭儀大法要(浄土宗)
5月31日(日)結願大法要
6月1日(月)前立本尊御還座式御輿に載った前立本尊が本堂へ行列で向かう儀式です。前立本尊は本堂奥の内々陣に祀られ、本堂前に建てられた回向柱と善の綱によって結ばれます

善光寺前立本尊御開帳(まえだちほんぞんごかいちょう)

善光寺のご本尊さまは、阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩の御三体の仏さまを一つの光背に まつることから、一光三尊の阿弥陀如来さまと称されます。
西暦654年に御秘仏となられて以来今日まで、そのお姿を直接拝することはできませんが、代わって 御分身の前立本尊さまを七年に一度本堂にお迎えし、結縁(けちえん)していただけるのが御開帳です。

花開く仏都の春、国宝善光寺本堂の荘厳なる偉容の御前に、極楽浄土の光景が顕現(けんげん)します。

回向柱(えこうばしら)

前立本尊さまの右手の金糸は、五色の善の網を介して、本堂前の回向柱に繋がっています。
この柱に触れることで人々は如来さまと直接ご縁を結ぶのです。

御印文頂戴(ごいんもんちょうだい)

ほ本尊さまの御分身ともいわれる宝印を頭におしいただくことで、極楽往生の御利益が得られます。

お朝事(あさじ)

本堂でお経をあげる朝のおつとめです。御開帳中は毎朝前立本尊さまのお厨子が開かれ、お堂は仏徳に包まれます。

お数珠頂戴(じゅずちょうだい)

本堂へ出仕される善光寺住職からお数珠で頭を撫でていただきます。仏縁をより深め無病息災を祈るならわしです。

宿坊が参拝のご案内とご宿泊のお世話をいたします。

参拝のご案内、お食事、ご宿泊等、善光寺の39の寺院が心をこめてお世話いたします。

先祖のご供養、家内安全・商売繁昌・還暦祈願等のご祈願やご納骨を取り次ぎます。

毎日本堂でご供養・ご祈願の法要が厳修されます。ご希望によりお申し込みください。

雲上殿納骨堂

宗派を問わない善光寺には、古くから納骨の風習があります。あらゆる衆生を極楽浄土にお導きくださる善光寺如来さまのお慈悲に包まれたこの地には、全国の信者さまのご遺骨が納められ、故人の遺徳を偲ぶ読経が日々響いています。

お問い合わせ

信州善光寺
善光寺事務局
〒380-0851 長野県長野市元善町491
TEL:026-234-3591(代)   FAX:026-235-2151
URL:http://www.zenkoji.jp/




六善光寺同時御開帳 公式ホームページ