甲斐善光寺(山梨県甲府市) 御開帳スケジュール

甲斐善光寺 御開帳スケジュール


甲斐善光寺 - 御開帳スケジュール:平成27年4月5日(日)〜5月31日(日)

4月4日(土)回向柱立柱式午前10時厳修
4月5日(日)開闢大法要午前10時厳修
5月3日(日)中日大法要午前10時厳修
5月31日(日)結願大法要午前10時厳修

甲斐善光寺の歴史と宝物

当山は、開基武田信玄公が、川中島の合戦の折、信濃善光寺の焼失を恐れ、永禄元年(1558年)、御本尊善光寺如来像をはじめ、諸仏寺宝類を奉還したことに始まります。

ここ板垣の郷は、善光寺建立の大檀那本田善光公葬送の地と伝えられ、信濃より大本願鏡空上人以下、一山ことごとくお迎えいたしました。その後、武田氏滅亡により、御本尊は織田・徳川・豊臣氏を転々といたしましたが、慶長3年(1598年)信濃に帰座なさいました。甲府では新たに、今回御開帳の前立仏を御本尊と定め、現在に至っております。かつては本坊三院十五庵を有する大寺院として浄土宗甲州蝕頭を勤め、徳川家の位牌所にもなっておりました。豪壮な七堂伽藍は、江戸時代に一度焼失いたしましたが再建され、金堂は東日本最大級の伽藍として、山門と共に国の重要文化財に指定されております。また金堂中陣の日本一の鳴き龍の天井、裏堂のお戒壇巡りは、参詣の皆様に親しまれております。

御本尊善光寺如来像以外にも、平安時代の阿弥陀三尊像二組も重要文化財に指定されております。また、日本最古の源頼朝像(県指定)ほか、法然上人像・源実朝像・熊谷直実・本田善光夫妻像・玄和居士像(以下市指定)などの肖像彫刻、善光寺如来絵伝・当麻曼荼羅(以下県指定)・地蔵十王図(市指定)などの絵画類ほか、信州伝来の銅鐘(県指定)など、文化財の宝庫としても知られております(1部宝物館にて公開)。

御本尊善光寺如来

当山の御本尊は、建久6年(1195年)尾張の僧定尊が、秘伝である信濃善光寺の前立仏として造立したものです。定尊は、如来の夢の告げを得て勧進に行脚し、48,000余人もの寄進を得たといわれます。本尊は、いわゆる一光三尊式善光寺如来像の中では、在銘最古、かつ例外的に大きな等身像として著名です。善光寺の御本尊は、仏教伝来とともに将来された、生身すなわち、実際に生命が宿っている霊像として深く信じられておりました。しかし、絶対の秘仏のため、人々が拝むことはできません。そこで、鋳造されたのが、本像であると考えられ、文化史的にもたいへん貴重な存在です。

平成9年春に、御本尊の80年振りの御開帳を厳修いたしましたところ、全国より多数の善男善女が御参詣下さいました。これを機に、信濃善光寺様と同様に、7年に一度の御開帳をお勤めすることとなりました。

お問い合わせ

甲斐善光寺
〒400-0806 山梨県甲府市善光寺3-36-1
お問い合わせ専用電話(午前8時30分〜午後5時):055−231−0934
URL:http://www.kai-zenkoji.or.jp/
Email:staff@kai-zenkoji.or.jp

※団体参拝は、バス駐車場確保の都合上、必ずご予約願います。
FAX:055-231-0757




六善光寺同時御開帳 公式ホームページ