御開帳について 六善光寺同時御開帳 公式ホームページ

御開帳について

七年に一度の盛儀に、前立本尊(まえだちほんぞん)さまとのありがたい結縁

御開帳とは、霊験あらたかにして、日頃は厨子の奥に安置秘蔵する仏像や佛舎利の扉を開き帳(とばり)をあげて、何年に一度と期を定めて親しく拝する法会をいい、特に遠方へ出張して行うのを出開帳・回國開帳という。

善光寺本堂に安置される御本尊一光三尊阿弥陀如来は、白雉5年(654)以来一度も公開されたことのない秘仏です。その後、鎌倉時代に御本尊の御身代わりとして 善光寺前立本尊(重要文化財)が造られ、拝されるようになりました。

善光寺前立本尊は、ひとつの光背の中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩が並ぶ、善光寺独特の一光三尊阿弥陀如来のお姿をされています。普段 は御宝庫に安置されていますが、七年に一度の御開帳の時だけ、特別にお姿を拝むことが叶います。

中央の阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸にかわり、白い善の綱として、本堂前の回向柱に結ばれます。その回向柱に触れることは、前立本尊に触れるのと同じこと。ここにありがたい結縁が生まれ、その功徳ははかりしれません。

善光寺御開帳は、正式には「善光寺前立本尊御開帳」と称します。

長野善光寺は一生に一度お参りをすれば極楽浄土に行けると伝えられています。



六善光寺同時御開帳 公式ホームページ